メインイメージ

りょうりや一賀久亭
明治2年に生まれた『小牧角太郎』私どもの店の創業者でございます。
明治25年に現在の内藤金物屋さんの向かえ辺りに『角湯』という銭湯をはじめます。当時、鯛屋旅館を常宿としていた清水の次郎長親分の子分でもありまして、店の玄関にはいつお呼びがかかっても飛んで行けるよう槍がかかっていたそうです。今現在も店の玄関でお客様をお迎えしているガラス灯籠は、その当時から角湯で使用していたものです。
まだ舗装されない砂利道を馬車がパカパカ行き交う中やわらかなランプの明かりを灯していたことでしょう。
そして明治38年。現在のこの場所に移り息子と共に食堂を開きます。
その際、息子の名前『一男』の一字と自分の名前『角太郎』の一字を取り『いっかく』としました。
一賀久亭のはじまりはじまりでございます。
コース料理のご案内
  • コース料理のご案内
  • コース料理のご案内
  • コース料理のご案内
  • コース料理のご案内
お料理
【所 在 地】静岡県富士市吉原4丁目2-35
【営業時間】17:30p.m.〜22:00p.m.(オーダーストップ21:30)【定休日】不定休 (完全予約制)
一賀久亭

カウンター

5席

1 F

個室 2〜20名様までご利用可

2 F

個室3部屋 2〜40名様までご利用可
当店はすべて個室でのお食事となります。前日までのご予約をお願いいたします。